​素材にこだわる理由

それは、もちろん大事なデリケートゾーンを守るため。

私たちのお肌は弱酸性で保たれています。 例えば、汗疹やかぶれなどの皮膚トラブルは汗をかくことにより服の繊維である(ポリエステルやナイロン)が溶けだし、皮膚のpH値が崩れ強アルカリ性に変わる事で皮膚が赤くなったり、かぶれたり、皮膚トラブルが起こと言われています。

 

では、これをデリケートゾーンで考えるとどうでしょう?!

紙ナプキンは石油素材(リサイクル品なので大量の漂白剤を使用しています。

下着や洋服はポリエステルやナイロンでできています。 ここで重要なのが、デリケートゾーンにあてる布の素材‼︎ 膣は自浄作用で通常酸性(pH4-5)に保たれていて雑菌が増えにくい環境を維持しています。

 

その重要な役割をしているのがデーデルライン桿菌という乳酸菌です。デーデルライン桿菌が膣上皮に蓄積されたグリコーゲンを栄養素に「乳酸」を分泌し、酸性を保ち雑菌が繁殖しない環境をつくってくれています。

 

ですが、石油製品でできた服や下着が皮膚に触れ、汗をかくと化学反応を起こしてpH値が強アルカリ性に傾きます。お肌がアルカリに傾くことで、かぶれや汗疹や婦人科系トラブルが起こると言われています。 植物叡智、エネルギーをたっぷりと含んだlulu-napは体と心のリズムを整えるお手伝いをします。